婚活での効果的なLINE(ライン)の使い方

まず、婚活でのLINEの使い方において最も重要なことは、目的を明確に意識することです。婚活においてのLINEと普段使いのLINEでは目的が違います。婚活で普段通りに「自分の楽しさ」「SNS的コミュニケーション」で利用しているとゴール(成婚)は遠のきます。

婚活でのLINEを使う目的(ゴール)は?

「婚活でのLINEを使う目的(ゴール)は?」それは、

お相手に自分のことを好きになってもらう

これだけです。常にこの目的意識を持ってLINEを使うことをお勧めします。これは、LINEに限ったことでは無くデートでも通話でも常に頭の片隅に意識しておくと良いです。べつな言い方をすると

モテる男、モテる女、好かれる人になめため

にLINEを利用します。単に「利用する」のではなく、戦略的に使っていきたいものです。

人は自分と似ている人を好みます

「明確な目的意識を持つこと」に次いで重要なことは

「お相手と同じペース(頻度)、レスポンス(返信タイミング)、文字数で返信することを心がけること」です。

返事が3~4時間で返ってくる人、半日かかる人、1~3日後の人、まちまちです。多くは半日~1日以内ですが、数日後の人もいます。「私にはそんなペースだと違和感がある」と思うかも知れませんが、極力お相手と同じペースにします。

また、相手が3行書いてきたら3行書きます。自分より多く書かかれた返信をもらうと重たく感じ、少ない文字数だと軽く見られている感じがします。ですので、同じ量の文字数で書くことを意識します。

同じ趣味の人、同じ価値観の人、話すペースが同じ人、こういう人は一緒に居て楽しいです。すくなくとも「一緒に居て苦痛」ということはありません。

ですので、お相手のペースに合わせて返信すると好感度が増します。

たとえば、綺麗な夕日を見て、お相手に見せたいと思って「写真を撮って送る」のはとても素敵なことだと思います。でも、その時点が良いのか後日が良いのかの気遣いをして頂きたいものです。「今日に2度目」とか、「昨日ラインしたばかり」等、お相手にとって頻度が多いと感じるタイミングなら敢えて翌日以降にして写真送付をするのが良いです。

戦略的に既読スルーも!

「恋は駆け引き」という言葉の通りです。スポーツでも音楽でも”緩急”や”強弱”があります。空腹が無くしてのご馳走は、本来持っているご馳走の価値が半減します。「相手に乾きを覚えさせる」ということも重要です。

着信があったら直ぐに見るのでは無く、”既読”を付けるのも数時間はおきたいものです。そして返事がかける状況であっても、直ぐに返事を書くのはお勧めしません。ここでも目的意識が重要です。「あれっどうしたんだろう」という相手に乾きを覚えさせることが目的です。そして、あなたのことを考える時間を相手につくらせるのです。

特に男性は意識して頂きたいです。直ぐに返信を書きたくなる気持ちを抑えて、敢えて間を置きましょう。このようにして、落ち着きや、ゆとりある男を演出していきましょう。

雑談ネタも相手への配慮を

お相手が読んで「楽しい」「笑える」「癒やされる」「感動する」等、何かしらの”心地よさ”や”幸福感”を与えることを意識して頂きたいです。

手っ取り早いのが、Youtube動画で楽しいと感じたものをたまに贈るのは良いと思います。

たまたま通りがかって見つけた喫茶店の写真、「今度一緒に行きたいと思った」等、一言添えるのは良いと思います。

「なんか見ていて楽しい」、「今度のデートが楽しみ」等、できるだけ魅力あるメッセージが送れるよう意識して雑談ネタ探しをするのは、お相手のためではありますが、結局は自分磨きにも繋がります。

賢くLINEを使って有意義な婚活が出来ることを陰ながら応援しております。

ご質問・ご相談・お問い合わせ

LINEに限らず、ご不明点やご相談事項がありましたら、お気軽に無料相談をご利用ください。