50代男性の婚活ご不安

40代を過ぎ、50代になるにつれて成婚率はおちる傾向にはあります。その要因の一つに人生経験がある分、多様な方がおられマッチングが難しくなっているように感じます。しかし、しっかりとした婚活戦略を練り対策を講じていくことで可能性は広がります。お相手に対しては少し緩めに条件を設定することで、出会えるお相手も増えてきます。条件を広めにすることで出会いのチャンスを広げ、お見合いの数を増やすことが重要なポイントとなります。

50代男性の抑えるべきポイント

現実を知る

少し、厳しいことではありますが婚活においても”市場原理”が働きます。結婚相談所としてのニーズピークは30代~40代の方です。50代の方はやや下がります。また、人生経験が増した分、多様な価値観が有りマッチングが難しくなる傾向があります。ですので、お相手に対しては、あまり条件広めにしてアプローチをしていくことが婚活を成功させるポイントになります。

結婚の目的を明確にする

まず確認頂きたいのは「なぜ結婚するのか」または、「なぜ結婚したいのか」を明確にすることです。そして、その目的達成のために必要なお相手の条件を書き出します。基本的には、目的は1つでその目的達成のためのお相手の条件も1つか2つにするのが理想です。そうすることで、お相手の検索条件が明確化し、アプローチする女性の数も増やすことが出来ます。

当社では多角的なご質問をさせて頂きたながら、お考えの整理をお手伝いし、書面化して確認いただきます。

確率を上げる努力

どの会員様にもお伝えしていることですが、50代以降の方には特にこの努力をして頂くことで確率が上がります。年齢が進むと異性からは好まれにくい習慣が付く傾向があります。また、長い間独身生活をされているので、結婚に対する憧れはあっても、家庭感のイメージがないとお相手との合意も得にくくなります。やや失礼かもしれませんが、50代の方が婚活を成功させるには、婚活市場におけるマイナスイメージを克服し、さらに何かしらの魅力をお相手に伝えていく必要があります。次に、50代によく見られるマイナスイメージの対応を次に記します。

 

悪癖がないか確認をする。

特に男性に多いのですが、「趣味に没頭する」「おしゃれに関心がない」「浪費癖がある」このような習慣があると結婚は難しくなります。このような癖はすぐに取り払うことは難しいかもしれませんが、お相手からすると敬遠される可能性が高まります。このようなマイナス面を隠し通して結婚しても後で破綻を来しますので、自己確認と改善の努力をされることをお勧めします。

当社はこれらの改善ノウハウもありますので、コンサルティングを受けていた上で改善プランをご提供することもできます。

寛容性を広げる意識を持つ

歳を重ねると、人としての厚みが増してきます。これ自体は悪くないですが、前述したように悪癖だったり頑固さのようなものもましてきます。「こだわり」「頑固さ」「考えの硬直化」このような属性もましてくる傾向があります。社会で生きていく上である程度は必要ですが、

寛容性の欠如

を招いているケースも少なく有りません。自分とは違う人格をもつお相手とくらすわけですから、「寛容性」を広げていくことは良い家庭を築く上で必要です。この「寛容性」は家庭においてだけでなく社会生活でも部下に慕われたり、お客に好かれたりと良い結果をもたらします。

女性が好む男性像に「包容力のある人」というものがありますが、その裏側にあるのもの、その下支えをしているのが「寛容性」ではないでしょうか。寛容とは弱さや妥協ではなく、小さなことで腹を立てたり、キリキリしないでおおらかにいることではないでしょうか。

 

50代男性が30代女性とマッチするケース(ご参考)

50代の男性が20年下の女性と結婚できるケースもあるようです。年令を重ねて豊かな人生経験と経済力があると、同年代や40代にはない男性の魅力を感じて30代の女性が惹かれるケースも有るようです。勿論そのような男性であれば、40代の女性からもアプローチがあると思います。女性は生活の安定を求める傾向があるので、社会的地位を得た男性であれば50代も十分な可能性があります。また、そのような男性からすると50代でもお相手が30代の女性であれば子供を授かる可能性は高まります。

グリーンマリッジは会員様の課題について、論理的な解決ができるようアドバイスをしております。また、無料相談はこちらで受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

グリーンマリッジは、他の結婚相談所にはない特徴があります。概要はこちらに記載しております。