アラフォー男性の婚活お悩み”お見合いに至らない方”チェックポイント

黄昏れる男性

自己認識ができていない

40代女性も同じ傾向がありますが、30代のイメージが残っており、また以下のような認識でおられるケースがあります。

・30代前半の女性にも容易にアプローチできる。
・男は、年をとっても結婚できる。
・結婚相談所に入れば、女性からのアプローチはくる。
・自分は選べる立場にある。
・年より若く見られるので優位性がある。

さらに、アフラフォー世代はともなれば会社づとめの期間が20年余りとなるので「会社組織でのうまい振る舞い」には長けているけど、「女性に対する振る舞い」については鈍くなってしまっている傾向があります。

若さのピークはかなり前に過ぎているので
・メタボ体質、又はその予備軍
・うす毛
・髪型や服装に気遣いがない
・顔のシミ
・髭の剃り残し
このようなマイナス要因も入ってくると、さらにマッチングは難しくなります。

「自分は親切で優しいから女性からの引きがあるはず」

と思われているかも知れませんが、お相手女性からすると

ザ・普通のおじさん

にしか見えておりません。「国家公務員」「医者」「年収500万円以上」等、目を引くプロフィール上の記載が無いと”普通のおじさん”に見えています。

自分は普通のアラフォー男性ではない

と思われる方は、ご自身で書かれたプロフィールで女性にアピールできる箇所を確認し、そこをもっと強くアピールする記載にされると良いです。

「優しさがある」「会話では、うまい受け答えが出来る」というアピールポイントがあっても、お見合いの入りやすさにはなりません。

なぜなら、お見合いの入りやすさは

プロフィールが魅力的か否か

です。アピール文をどんなに上手に書けても、「プロフィールが魅力的」かどうかで、お見合いの入りやすさが決まります。

プロフィールが魅力的なら、なにもしなくても女性の方からアプローチが入ります。

ご自身のプロフィールに人よりも秀でた項目が見つからないのであれば、まずは”現状把握”をされることとその対応策を練ることをお勧めいたします。 

まずは現状把握(婚活市場と自己認識)から

何を確認するか

婚活には市場原理がはたらいています

婚活には市場原理がはたらいています

この認識を持たないと成婚は遠のきます。男性であれば、高年収で医者や弁護士でさらにイケメンであれば女性からのお申し込みは増えます。男性は、その中から知的で育ちが良く、美しい女性を選ぶことが出来ます。

中小企業の会社員で年収も平均値であれば、一流大学を卒業した気品ある美人にお見合いを申し込んでも返事が来る可能性はほぼゼロです。また、10歳年下の女性にアプローチしても、その女性からしたら

「他に沢山の男性がいる中で何故10歳も年上のあなたを選ぶのか?」

ということになります。つもり、

お見合い出来るのはご自分の身の丈に合った女性です。

婚活には市場原理がはたらきます。見晴らしが良く快適なマンションに済むに何千万も必要です。駅から遠く、築40年のアパートなら低額な料金で済むことが出来ます。

婚活もそれと同じで、等価取引です。自分の持っているもの(年収、若さ、地位、容姿等)と同等のものを持っている人としか出会えません。
例が極端ですが、ハンディキャップを持った方が健常者のお相手にアプローチしてもまず返事はもらえません。ハンディキャップを持った方は、ハンディキャップを持った方から出ないとマッチングは難しいです。

残念ですが、そして無情にも

婚活には市場原理が働いています。

この現実を認識することから婚活は始まります。また、この認識を正しく持つと成婚の可能性が広がります。

女性の主要検索キーを知る

女性は、結婚相手の男性に何を求めているのかをまず知る必要があります。

バブル期の言葉ですが、女性が結婚相手に求めるものとして、”3高”というものがあります。高収入・高学歴・高身長というもので、具体的には
・年収500万円以上
・大卒以上
・身長170cm以上
となります。敢えてバブル期(1990年代)と書きました。その価値観は「今やもう古い!」という意見もあります。20代、30代前半の女性は”3高”を強く求める傾向は薄らいでいるかもしれまん。しかし、アラフォー男性が婚活する上で”3高”に対して「意識しなくて良い」ということはありません。

その1つの理由として上記の3点はプロフィールの必須記載事項だからです。一般的な結婚相談所であれば必須開示事項です。なぜなら、女性がお相手の男性を検索する際は、この3項目は主要検索キーとなるからです。

男性会員検索項目(抜粋)

どごの結婚相談所でもこの検索項目は上部にあるはずです。

客観的な自己認識

この3項目において、お相手女性から自分はどう見えているかを確認することが重要です。

結婚相談所には、同じ年齢であなたよりも高年収でハンサムな人は残念ながらいます。確率的にも

選ぶ立場では無く、選ばれる立場

であることを自覚されないと適切な戦略を取ることが出来ません。

主要3項目(年収・身長・学歴)に加えて、その他ご自身の強み弱み平均値を客観的に把握し、お相手女性から自分がどう見えているかを認識することが重要です。

孫子の兵法で「己を知る」という言葉があります。兵の数、武器の数、特性などを知る(把握する)という戦略を考える以前の第一ステップです。この自己分析が正しく出来ていないと、正しい戦略が立てられないということです。

戦略を立てて効率の良い婚活のお勧め

分析イメージ画像

お見合いがゴールではありません。お見合い→交際→判断→プロポーズとそれなりにクリアするべきハードルはありますが、まずは「お見積を成立」させ「交際」に至るためには以下の事項を確認し検討する必要があります。

  1. 現状把握
  2. ご自身の強みと弱みの洗い出しと分析
  3. お相手女性の条件の絞り込み
  4. アプローチ文の立案
  5. お見合い事前準備事項の確認
  6. お見積戦略立案

特にお見合いでお困りでない方は良いですが、「なかなかお見合いに至らない」という方は、上記のサポートができる結婚相談所を選ぶことをお勧め致します。そして、特に「2.ご自身の強みと弱みの洗い出しと分析」が重要です。

他の結婚相談所に登録されている方も無料相談致します。お気軽にご利用ください。